こんにちは!NPO法人にいがた・オーティズムSTAFFページへようこそ!


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Links
Profile
Other
Mobile
qrcode
チャレンジします。
 この13日に、
厚生労働省の平成22年度発達障害者就労支援者育成事業として
『発達障害者の特性と就労支援』と題した講習会が開催されるのですが、
どのようなわけか、講師を務めることになりました。
そのためのプレゼン内容を準備している最中です。

これまで、母親としての立場で、
若いお母さん向けにあるいは、幼稚園や学校などに招かれ
子育て経験話をさせていただいたことはあったのですが、
就労を支援する立場でのことは初めてのようなもので、
責任重大。それはそれは、とても緊張しています。

どんなことをお伝えできるだろうか。

・・・・原稿と格闘中の脳内・・・・・・・・・
私の原点は息子の「自閉症」。
息子の自閉症 なのか
息子と自閉症 なのか
息子は自閉症 なのか
はたまた、自閉症の息子 なのか

それくらい複雑な「自閉症」理解。

STからの「母親指導」や
『TEACCH』の理念に支えられ
観察と知識と実践の三位一体による
親修行の始まり。

息子の行動にその多くを学びながら、
親の会(ほっぷ・すてっぷ)の活動があり、
やがて「高機能自閉症」と言う言葉に出会う。

自閉症に魅了されている私は、
このタイプにもの凄い興味を持った。
知的に遅れの無い自閉症さんこそ
本物の自閉症だって興奮していた日々。(今は少し違いますが)

そして、新潟テクノスクールで
「アスペルガー」診断を持つ成人した彼らに出会ったこと。

自閉症スペクトラムとは、良くぞ言った言葉。
まさに、そう。そうとしか言えない。
違うのに、同じ。同じなのに、違いすぎる。
禅問答みたいなこと。

そして、息子が幼い頃には皆無に等しかった
「キーワード(手がかり・ヒント)」が、
今は実にたくさんある。

障害って何か、性格や個性と何が違っているのか。
何に困っているのか。あるいは、困ることを知らないのか。
・・・・・・・・・・・・・

こんなふうに、自分の記憶の引き出しはフル・オープンで
資料作りに七転八倒。(笑)

そのようなわけで「まとまったお話をする」が、目標です。

就労を支援するというお仕事の中で、
支援者に必要とされることは何か、
今の私が理解している内容でしかありませんが、
精一杯、頑張ってみようと思います。



隊長日記 comments(2)
comment
頑張ってください。陰ながら応援しています。

や | 2011/01/19 10:32 AM
「や」さん、応援ありがとうございます。
無事に、講習会が終了しました。
私のつたない話でも、皆さんが熱心にノートを取られている姿の前で、発達障がいを持つ方々の就労支援の現場のこと、もっともっと丁寧に、しっかりとお伝えしていきたいと思いました。
隊長です | 2011/01/19 9:03 PM
send






(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.