こんにちは!NPO法人にいがた・オーティズムSTAFFページへようこそ!


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Links
Profile
Other
Mobile
qrcode
お口の健康
 先月の23日(土)は、新潟県障碍歯科研究会様に招かれて、お話をさせてもらいました。




早期の気づきと支援の必要性は、
『予防』という観点で、口腔衛生とおんなじだなーって、
常々思っています。

障がいのある子のお口のケアは、
日々の家庭での親の意識が本当に支えですよね。

オーティズムのお母さんたちは、
大きくなったわが子の口腔ケア、
定期的な検診を受けて
真剣に関わっているお母さんたち、多いです。

この日は、あるドクターから、
わが子のことにあまり関心を示されていないようなお母さんが
歯科に訪れた場合についての質問がありました。

診察室に付き添わず、待合室で雑誌などを読んでいるだけ。
そのお子さんの口の中は、ブラッシングも行き届いていない。

ネグレクトなの?

そんなことないよね。
そのお母さんは、少なくとも、歯医者さんにこどもを連れて来ている。

心理的な負担を日々抱えていて、精一杯なのかもしれない。

たくさん、傷ついているのかもしれない。

そうじゃないかも、しれない。

どのようなケアをしたらよいのか
お母さんもわからなくて困っているかもしれない。
やっぱり、声をかけてみないとわからない。

コミュニケーションを取りやすくするために
「サポートブック」を媒体にして、
アプローチできるのかも・・・。

新潟県障碍歯科研究会 会長の藤本先生からも、
改めて、ヒントをいただきました。


ありがとうございました。

KAKUDA




隊長日記 comments(0)
comment
send






(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.