こんにちは!NPO法人にいがた・オーティズムSTAFFページへようこそ!


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Links
Profile
Other
Mobile
qrcode
ガンバレ、ボン 〜静脈麻酔・その一〜

去る3月の中旬、そして、ついこの前5月の12日、
全部で3本ある親知らず抜歯のため、
新大附属病院の歯科で、静脈麻酔に挑戦したポンです。

↓ これは、初回。



京都府自閉症協会が販売している医療用の絵カードの
検査編「麻酔」は、その手順からバッチリで、本当に助かりました。
ボンの足の上にあるのが、この日の見通しです。
準備万端。手筈は整った。整っている。そう、整えたのであります。

静脈注射、潔いボン様、素直〜♪に受け入れ
サッサと眠りに入りました。
アッと言う間でした。

全部見届けようと、診察室の中でデジカメを持ち
スタンバっている母の方が、全身カチンコチンです。

初回は、麻酔医のドクターに、
「目が覚める時暴れたりしないのか」と、
色々質問しまくり、アセアセです。

呼吸確保のためなどで、鼻からチューブを
入れられるときは、すでに麻酔で寝ているボンが
反射でむせたりしているから、(エッ、エッッ、そうなの、大丈夫なの?)
もう心臓バクバク。。。。

なんてスゴイ。医療の世界。。。

麻酔がしっかりかかって、いよいよ、口腔外科のA山ドクター、
おシゴトです。


ブィーンンンン。大工さんみたい。

この間、麻酔科のT巻先生は、ものスゴク緊張している私を、
トークでほぐしてくださいました。
さすが、麻酔医です。

ボンは、術後、何度も何度も大きなあくびを繰り返しながら、
しっかり覚醒。

「ガンバレ、ボン」返上、「オチツケ、ジブン」
の方が、タイトル合っている感じな初回でした。

術後も、痛みを訴えることも少なく、一週間後の
抜糸もスムーズに終了でした。








隊長日記 comments(0)
comment
send






(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.