こんにちは!NPO法人にいがた・オーティズムSTAFFページへようこそ!


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Links
Profile
Other
Mobile
qrcode
私はピアノ。
 私は、ピアノ。
名前は、まだない。ずっとない。これからも、ないかもしれない。
種類は「アップライト」。
色黒。つやつや光っていたりする。

ここのお宅に来たのは、かれこれ24年も前になろうか。

その頃、ここのお宅の奥様は毎日私を奏で、
妊娠しても、出産しても、ついでに赤子が泣いていても
私と向き合ってくれていた。

一度は、お家の建て替えで、狭いお部屋に運ばれ
暑苦しい夏を過ごしたけれど、
新居となり戻ってからも、とても大切にしてくれた。

でも、いつしか奥様は、少しずつ少しずつ、
私を見るだけになっていった。
時どき、ムチャな指運転はされていたけれど、
以前のように長い時間、私の前に現れてはくれなかった。

それでも、お役に立てて嬉しかった。。。

私のすぐ後ろ側に当たる別室のテレビなるものから、
「もーっともーっと、○○もっとー♪」なども聞えてきて、
奥様がそのCMを話題にされるときなどは、
もう、私は、ビビリマクリブーだった。

そして、それは突然だった。

奥様は、私にかかっている赤いカバーを取り外し、蓋を開け
中をのぞかれてこう言った。
「ホーッ、ピカピカじゃーん。まだまだ、いけるー」

そして私にこう告げた。
「明日ね」って。
明日ねって、明日ねって。何が・・・。
運びだされてしまうことになった。
もう、このお家には戻れないと奥様が言う。

ああ、奥様・・・。
(本当はかなり以前に、奥様じゃなくなっていたけれど、まぁいっか。)

私は、これから「クリーニング」されて、
どうやら、別宅に嫁ぐらしい。
そこでは、たくさんのこどもたちと一緒にすごせるのだと言う。

奥様も、どうやらそこに、いることはいるらしい。
また、私と向き合ってくれることもあるかもしれない。

嫁入り支度が済んだならば、
記念写真を撮ってもらいたいと思っている、
私は、ピアノ。







隊長日記 comments(0)
comment
send






(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.